日常・米

サステナブル消費とSDGsについて考えるリユース容器でゴミを無くす

SDGsという言葉は聞いたことがありますか。「持続可能で、よりよい社会の実現を目指す世界共通の目標」のことです。

これにともなって、「サステナブル消費」という言葉も生まれました。環境を破壊せず持続可能な消費を考える人がまだまだ少ないです。

サステナブル消費とSDGsの浸透化

2016年にフードロスの一環としてロンドンから始まったとされるコミュニティ冷蔵庫。

公共の場に設置された大きな冷蔵庫に個人や飲食店が不要な食べ物を冷蔵庫に入れて、その食べ物は誰でも持って帰ることができるそうです。

ニューヨークではコロナ禍で失業し、食べる物に困っている人の助けになっていて、とても良いことですね。

廃プラスチック有効利用率の低さや海洋プラスチック等による環境汚染が世界的課題となり、脱プラスチックの動きが加速しています。

日本では、2020年7月1日からプラスチック製のレジ袋の有料化がスタートしました。

レジ袋が無いと困りますが、海の生き物が飲み込んで死んでいる映像を見ると、有料化も仕方がないと思います。

SDGsはそれぞれ一人一人が取り組む課題ですね。

 

 

あさイチでリユース容器紹介

先日あさイチでリユース容器が紹介されました。使い捨て容器を捨てることに罪悪感を感じる人は多いです。

みなさんも感じていますね。リユース容器も使い勝手がよくなっています♪

megloo

 

ABOUT ME
subaru030609
毎日の田舎ライフを書いてます!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。