NIZIUほか芸能

テニスの記者会見拒否、ボイコットで賛否両論

大坂なおみの試合後の記者会見拒否、何があったのでしょう。敗戦原因など聞かれたくないデリケートなことを試合後すぐに答えないといけないことかな。

ことの経過をみていると、何かあるのだろう。「何か心のうちにあるものを皆に話して!」と、皆いっています。自分から発信して話さないとわかってもらえない。

わからないので、皆自分の解釈で話してしまう。

今朝のニュースでは実は「うつ」で苦しんでいたことがわかりました。そうなると、病気の対応になると思うので、処分が変わるのではないでしょうか。

(全訳)

こんにちは、皆さん。私が数日前にツイートしたときには、想像もしていなかったし、意図もしていなかった状況になっています。全仏オープンにみんなが集中できる状況に戻るように、トーナメントや他の選手たち、そして私のウェルビーイングのためにも、私が撤退することが最も良い方法だと思います。

私は邪魔したいと思ったことは一度もなく、またツイートしたタイミングが理想的ではなかったこと、伝えたいことをもっと明確に伝えられたかもしれないことを認めます。さらに重要なのは、メンタルヘルスを矮小化したり、この言葉を軽く使ったりしているわけではないことです。

私は2018年の全米オープン以降、長いあいだ、うつ病に苦しんでいて、それに対処するためにとてもつらい時期を過ごしてきました。

私のことをよく知る人たちはみんな、私が内向的であることを知っています。そして、大会で私を見た人たちはみんな、私が不安をやわらげるために、ヘッドフォンをよく着けていることに気づくでしょう。

テニスの報道陣はいつも私に親切だったけれど(私が傷つけてしまったかもしれない、すべての聡明なジャーナリストに謝りたい)、私はもともと人前で話すのが得意な人間ではないし、世界の報道陣と話すときはとても大きな不安の波に襲われます。

いつも私が答えられる最善の回答を伝えようと努めることによって、私は本当にナーバスになり、大きなストレスを感じています。

このためパリで、私はすでに傷つきやすく、不安を感じていたので、セルフケアに努め、会見を回避したほうがいいと考えました。

私はルールの一部がかなり時代遅れなものだと感じていて、そのことを強調したかったため事前に表明しました。私は個人的にトーナメント主催者側に謝罪を書き、グランドスラムはきつい大会なのでトーナメントが終わった後であれば喜んで話をすると伝えました。

私はいま、少しの期間、コートから離れるつもりです。でも、最適な時がくれば、私はツアーとともに選手たちや報道陣、そしてファンたちのために物事をよりよくする方法を話し合いたいと思っています。

とにかく、皆さんが健やかで、安全であることを願っています。皆さんを愛しています。またいつか、会いましょう。

最近心の病気が多くなってきていますね。テニス界にもどってきてほしいですね。

サプリに頼ってみるのも悪くないですよ。



ABOUT ME
subaru030609
毎日の田舎ライフを書いてます!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。