トレンド

レンアイ漫画家10 幸せは作家を潰すのか

ついに、付き合うことになった刈部清一郎(鈴木亮平)と久遠あいこ(吉岡里帆)。

レンアイは自分とは無関係と思っていた清一郎は、仕事部屋にあいこを入れてしまう心の変化に戸惑います。だが、幸せを感じていました。本当にほほえましい♪

朝食で、刈部レン(岩田琉聖)から再就職の面接先を聞かれたあいこは編集プロダクションだと答えます。

清一郎と向後達也(片岡愛之助)を見ていて興味を持ちました。さらにレンが清一郎の仕事の手伝いは終わったのかと聞くと、その契約は終了したという。

そんな中、金條可憐(木南晴夏)と早瀬剛(竜星涼)が訪ねて来る。可憐は日本漫画大賞受賞のお祝いと、二人のレンアイが始まった記念だと花束を渡す。また、早瀬は、あいこのストーカーを卒業したようでした。

可憐たちが帰ると、清一郎はあいこに面接後の予定を尋ねました。午前中にネームを上げるので、保留となっていた食事に行こうと。

すると、あいこは遊園地デートを逆提案。あたふたする清一郎と嬉しそうなあいこ。そんな二人の様子をレンも微笑ましく見ていました。

おつきあい

刈部とあいこはつきあうようになりました。刈部があいこが好きだとわかるような態度だらけでうれしいです♪

仲良くデートもして仲睦まじいです♪あいこの誕生日が近くなり、刈部が何が欲しいと聞くと、「何もいらない。一緒にいたい。」と答えます。

「じゃあ一緒にいよう」と約束しました。

しかし、漫画がかけなくなりました。苦悩する刈部とあいこ。

描けない試練

何度書こうと思っても描けない。2度目は連載を落とされないことになっていて、向後は休載を考えていました。

刈部は必ず描けると思って頑張ります。しかし、あいこはレンアイをしているから、自分がいるから刈部が描けないとわかっていました。

そんな中、刈部が描けなく過労で倒れて、救急車で病院に運ばれてしまいました。

苦悩のお別れ

あいこは可憐から、「あなたが悪いわけではない」「でもあなたのせい、漫画家のマリアを返して」と言われ、別れる決心をします。

つらい別れです。あいこの誕生日を祝えないまま別れてしまいます。

刈部はその後体調も戻り、家に帰ってきますが、もうあいこは家にいません。

あいこの手紙を見た刈部は泣き叫びますが、その後「おれは漫画家だ」とドンドン漫画を描いていきます。皮肉なことに描けてしまいました。

刈部はあいこの誕生日プレゼントのネックレスを密かに買っていました。それもゴミ箱に捨ててしまいました。

まとめ

  • ほほえましく楽しいおつきあい
  • どうしても描けなく連載を落としてしまう
  • レンアイをしているから描けないと苦悩のお別れ

次回予告では、刈部がスーツを着て世の中をうまく渡り歩いている様子でした。あいことレン、刈部の3人の平穏な暮らしに戻ってきてほしいです。

ABOUT ME
subaru030609
毎日の田舎ライフを書いてます!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。