トレンド

ハコヅメ最終回守護天使の正体は只のおじさん、桜を奮起させた川合

ハコヅメの最終回、守護天使は只のおじさんで、娘がキーワードでした。

ハコヅメ最終回守護天使の正体は只のおじさん

最初から川合は桜に似ていて利用をされていたけど、只々犯人を捕まえたい一心だけでした。

川合はこの事情を知っても、イヤな気持ちにならず、むしろ犯人を捕まえると前向きな気持ちになりました。

似顔絵が手掛かりに

またもや川合ちゃんの似顔絵が手掛かりに犯人に近づきました。いつも特徴をとらえているんですよね。スゴイ!

車上荒らしの源と藤の鑑識

鑑識検定上級をとっている、源と藤さんが鑑識にあたります。状況を確認してから、漫才風2人の鑑識が始まりました。

架空の人物になりきり、面白過ぎです♪爆笑しました。

でも仕事はしっかりこなして、的確に情報収集を済ませました。

いきなり守護天使の正体

伊賀崎が呼び出され、守護天使の人物確認をしてみんなが集められた。

いまの「守護天使=木村」状況を話した。20年前に借金をして失踪している。娘は警察官だった。いまは結婚して辞めている。父親とは話したくない。

木村は娘に似ている桜を娘に重ねて、見守るようにいつも見ていた。

白い軽トラの存在

白い軽トラは木村の所有ではなく、清水農園という農園のものだった。3年前、その軽トラは別の事件を追っていて、タイミングが合わず最後まで確認できていなかった。

清水農園という農園の車はバンも持っていて、町田署管内で配送時によく見かけられていた。

3年前の事故当日、立派なバンがありながらなぜ軽トラを乗っていたのか、みんな疑問に思った。

同時に聴取をとる

口裏を合わせられないように、同時聴取をとるようになった。源と川合ちゃんが清水社長の、伊賀崎と藤と山田が木村の聴取をとるようになった。

コーヒーこぼす

源と川合ちゃんが清水農園に行く途中、源が眠気覚ましにコーヒーを飲もうとしたら、こぼしてしまった。

どうしようとなり、たまたま車にのっていた警察のキャラクターのTシャツを着て行くことになりました♪そんな恰好で。。

清水農園で木村に遭遇

清水農園で源が社長に聴取をとりに行っていると、木村が目の前に現れた。藤とスマホで話していた川合ちゃんは藤から指示を仰いだ。

白い軽トラは誰に廃車を頼んだのか、覚えていないと言ったので、本当に?名前くらいは覚えているでしょ!と問い詰めると、まだありますと答えた。

「その場所へ連れて行ってください。」と間をあけずに問い詰め案内させた。

川合ちゃんは応援を要請して源がきたとき、木村は「責任は取ります」と置手紙を残して逃げた。

自殺の名所

自殺をする可能性があるとして、一斉に木村の居場所を探した。その間軽トラからのドライブレコーダーから3年前のあの事故が映っていた!!

自殺の名所を言い当てた伊賀崎。

伊賀崎は絶対に木村を死なさない。「生きて罪をつぐなってもらう」と言った。

長かった闘い

長かった犯人捜し。やっと解き放たれたみんなと桜。木村は3年前の事件当日、疲労で運転を見誤って、警官の娘に迷惑をかけたくないのが事件の真相でした。

桜と同期で獺祭のお酒を飲む約束を果たし、桜は警官を辞める決意をする。

しかし、そんな桜に対し、川合は挑戦的な言葉をあびさせて憤慨させる。

「私がどうにかしないと」と、やる気をださせ警官を辞めることを踏みとどまらせた^^

まとめ

  • ハコヅメ最終回守護天使の正体は只のおじさん
  • 似顔絵が手掛かりに
  • 車上荒らしの源と藤の鑑識
  • いきなり守護天使の正体
  • 白い軽トラの存在
  • 同時に聴取をとる
  • コーヒーこぼす
  • 清水農園で木村に遭遇
  • 自殺の名所
  • 長かった闘い

笑いあり、シリアスありでした。笑いの方が多くて釘付けで笑いましたが♪かけあいの息がピッタリでチームプレー抜群でした。

また見たいです♪

 

 

ABOUT ME
subaru030609
毎日の田舎ライフを書いてます!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。