介護

障害者の生理処理は大変、トイレ情報共有マップくんを利用してみて

あさイチで障害のある人の生理事情を取り上げていました。私の家は70歳の義母の障害だったので、いままで気づきませんでした。

「生理問題をかかえている障害の人もいるんだ。」とあさイチを通じて感じました。

障害者の生理処理は大変、考えたことがなかった多機能トイレは空けて

小澤綾子さんという方が、自身がでて堂々と困っている事、リアルな日常をセキララにしゃべられて、スゴイ!すごくわかりやすい!と尊敬して聞き入りました。

当事者でないとわかりませんが、とてもわかりやすい言葉で伝わりました。

島崎遥香さんも素晴らしく何の垣根も感じさせず、素直に「私も知らなかった、知れてよかった。」という考えの方でいい人間性を感じました。

生理アイテム

吸水ショーツ

モレから守ってくれて手放せない!

デリケートゾーン保湿クリーム

かゆみ・かぶれ防止。

デリケートゾーンウエットティッシュ

不快な汚れをすぐ拭ける♪全部好評なアイテムです。

ピルで生理を止める

ピルで生理を止めるという方法もありますが、車いすだと血栓ができるリスクがあるので、飲めないこともあります。

トイレ情報共有マップくん

トイレ情報共有マップくんというアプリがあります。このアプリはiPhone、iPad、Apple WatchのApp Storeでのみご利用いただけます。

トイレ情報共有マップくん

車いす対応のトイレも探せますよ♪

さいごに

多機能トイレは必要な人に空けてくださいね。車いすの人は車いすごと入れる多機能トイレしか使えません。

特に女性は生理で定期的にナプキンを替えます。モレると洗濯が大変だし、精神的に落ち込みます。

あなたの心遣い1つで救われます♪

ABOUT ME
subaru030609
毎日の田舎ライフを書いてます!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。