トレンド

TOKIOテラス、スタートアップ起業タイミー小川社長成功の裏

TOKIOテラスで去年11月に出演交渉したタイミーの小川社長。

TOKIOテラス、スタートアップ起業タイミー

タイミーは「一人一人の時間を豊かに」をビジョンにかかげている。

  • 7拠点260人が働いている
  • ほとんどが年上
  • 単発バイトサービス
  • 短時間だけ、働きたい・働いてほしいという部分をマッチングするだけ
  • プロフィール登録なし
  • 面接・履歴書なし
  • 即日入金

自身の過去の日雇いバイトで、スマホ1本で完結できるものがほしくて立ち上げました。

2017年20歳で起業。投資家から3600万円を調達しました。

「ユーザーが本当に求めている」のが強みでした。

利用者のメリット

  • 1時間でも働けて、働きたいときだけ入れる。ので助かる
  • 自分の生活スタイルに合わせられる

雇用側のメリット

  • 人柄がみられる
  • 広告掲載料10万円(2週間)→無料

働き方が変わる

本業の仕事がコロナ禍の中減っていき、副業でタイミーを使うケースも増えてきました。

売上の変化

接客・皿洗いがコロナ前はほとんどでしたが、コロナ禍になったら売上が3か月で激減して、倒産の危機に。

すぐに資金調達に動きました。

そこで発想を転換して、ネット通販事業で求人を増やしていた物流企業に目をつけ、特化した戦略をたてて展開。

飲食から物流に売上が逆転して、売上もコロナ禍で過去最高にまでなりました。

小川社長の転機

18歳のとき祖父が亡くなり、祖父がしたかった起業を自分がしようと思い立つ。

→「民食」に目をつけるも失敗

→起業は人に聞いてリサーチして、みんなの目線で感想をもらい、20歳までに4つサービスを立ち上げて、1つを起業しました

→21歳スタートアップ起業家の集まりなどに投資家がいるので、話して投資してもらい、タイミーを起業する

→コロナ禍で売上が落ちたとき、社長を引退することを考えた。自分が思っていたより成長していって、自分が社長でない方がよいのではと思ってしまいました。

サイバーエージェントの藤田社長から「バッターボックスから逃げるんだな」と言われたので踏みとどまり、いまに至っています。

「働く人が楽しく働く」をモットーに日々動いています♪

 

ABOUT ME
inakahappy
毎日の田舎ライフを書いてます!

コメントを残す